ちっちゃな気掛かりなんかどうでもよくなるコミックで気分を変えよう

団地ともおと言うマンガがおススメだ。メイン人世間は木下ともおと言うちょっとおバカな小学5年実況。人がどうでもいいと思うようなことにはとことん嵌るが、誰もがこだわるようなことには一般こだわらない一風変わった持ち味で、毎回独特の観点から自分なりに問題解決していきます。パパは一人暮し転勤の間での間学徒の姉と妻と団地に住んでいる。ともおの近くで来る普通の日頃がオモシロおかしく時折涙ありで描かれている。休日友達が出かけて行くの間、自分だけがどこにも連れていって買えず、暇なの間で今まで気づかなかったことを発見したり、40料金の当方が昔感じたような事をともおも感じていることに同感が持てます。平成のキッズと言うよりは昭和のキッズのような素直なともおとともおを取りまく友達や大人も嬉しい味わいを出している。特におススメなのが「亀の甲より年の甲だよともお」という回のお話。優しそうなともおのおじいちゃんの意外な心中に思わず吹き出してしまう。まごのともおを見ながら「うるせーな。」とモチベーション思っていたり、「物心が分から乏しい。」というともおに対して「ともおは物心が付くのが遅かったもんな。」とモチベーション思っていたり、きめ細かい微笑のおじいちゃんからは想像ができない毒づいたおじいちゃんの心中が愉快でなりません。別回ともお以外のメイン人世間が替わり、その人の狙いや事象が描かれているのですが別回面白いだ。団地ともおを見るとつまらない困難なんかどうでも良いと見えるほど度胸つけられるおススメのマンガだ。
ケショーメッツモイスチャーソープって効果ありましたか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です