小学5年から眼鏡人間生でかなり悲しさとした話をしたいと思います。

 瞳に関することはあたいにとっては不安だらけと言えます。小学5年実況から眼鏡をかけ動き出し「ロゼのめがね」と男にからかわれました。している時生徒になってからは眼鏡が不愉快で、レンズを買ってもらいました。当時はディスポーザブルがないので、毎日シャンプーボイルをしていました。しかし受験勉学をやる頃に、深夜までつけていたり、押し付けた通り寝てしまったせいで触れ合いのアレルギーになってしまいました。それでも眼鏡を引っかけるのは不愉快で、片方だけつけて過ごしていたこともあります。大人間になってからは、一年中でつぎ込み置き忘れるレンズをウィークに2、3日しか擦り込みられません。本当は毎日つけていたいのですが、瞳に負担がかかるし、値段も増えるので必要なときだけ塗りつけるようにしています。
 そしてあたいは最初重瞳だ。小さい頃から気にしていましたが何ともなりません。両方だったらいいなと思ったことはしょっちゅうあります。でもそこまでして二重に追い求めるかと言われたらそのニーズは今はないです。別人間から見た先入観が地味にはなりますが、それが自分の味だと当てはまるのでその必要はないかと思っています。レーシックも年を取ってくると老眼も始まるし、今はいいかなと思っています。若かったらやりたいと思ったでしょう。でも思えるだけでも十分幸せな気がします。ぜいたくは効くません。このままで十分だ。辺見えみり監修のフルアクリフです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です